伊達政宗恒例な行事打ち水

暑い夏の日・伊達政宗が恒例な行事・打ち水(うちみず)とは、道や庭先などに水をまくこと。また、その水のこと。打水とも。 打ち水には場を清める神道的な意味合である・この一番町商店街どうりにみんなで打ち水をしようと呼びかける。
NHKの撮影クルーも参加して撮影してました。
https://youtu.be/wjDescFUS3A

いい加減な親父

なぜ賢いお金持ちに『デブ』はいないのか? 自己管理だけで『お金』出入りはここまで変わるのです。

0コメント

  • 1000 / 1000