土曜22時、とある新橋の居酒屋にて

土曜22時、とある新橋の居酒屋にて
 
 
土曜22時
とある新橋の居酒屋にて
金持ち男A「今日はおごるよ。」
貧乏男B
「今日というか、
 ここ1週間ずっと奢られっぱなしだね。」
ずっと聞きたかったんだけど・・・
 なんで急に羽振りが良くなったんだ?」
僕らは似たよ~な生活で、
 給料も変わらない。
 現にずっと割り勘していたじゃないか?」
金持ち男A「実は副業を始めたんだ。」
貧乏男B
「副業って言ったって、
 そんな時間どこにあるんだい?
 
 君のとこは先月に二人目の子供が
 生まれたばかりで、手がかかる。
 
 そんなこと言っていたじゃないか。
 一体いつ副業する時間があると言うんだい?」
金持ち男A
「確かに手がかかる。
それに僕は嫁の尻に敷かれっぱなしで、
家事の大半は僕がやっている。笑
でも、今の僕には
クレストっていう権利収入がある。
何が不思議って、
このプロジェクトに賛同するだけで
新サービスの分配金が
権利収入としてもらえるんだ」
http://the-crest-asp.com/lp/6888/553669
 
貧乏男B
「プロジェクトに賛同するだけで
 お金がもらえるだと??
 
 そんなことあるわけないじゃないか。
 ラッキーマンじゃあるまいし笑」
金持ち男A
「いや、僕はいたって真面目だよ。
 僕はこのクレストで人生が変わったんだ。」
貧乏男B
「なんで僕にも教えてくれなかったんだよ。」
 君と僕の仲じゃないか!」
金持ち男A
「いや、実際にお金がもらえるかどうか
 僕自身も半信半疑だったし。」
 それに疑り深い君のことだから、
 言っても、信じないんじゃないかって。」
 だから毎晩のようにおごって、
 君が聞いてくるのを待っていたんだよ。」
貧乏男B
「まあ疑り深いのは確かだけど・・・苦笑」
 それはいいから、
 そのクレストってやつは
 どこから参加できるんだい?
 教えてくれ!!」
金持ち男A
「じゃあ、まずはパソコンかスマホで
 このURLをクリックしてくれ。」
http://the-crest-asp.com/lp/6888/553669
 

いい加減な親父

なぜ賢いお金持ちに『デブ』はいないのか? 自己管理だけで『お金』出入りはここまで変わるのです。

0コメント

  • 1000 / 1000