GODアフィリエイト

GODアフィリエイト
ライバル不在のガラ空き市場
皆川です。
稼ぎやすい市場をお伝えします。
早めに受け取ってください。
→http://topdoor.jp/r/0087bfd0/af/267
友達や会社のメンバーで
飲み会をしていると、
ついスマホを使って

『写メる』

ってことをしませんか?

渋谷や新宿といった
若者が比較的集まりやすい場所の
華金(金曜日の夜)は
たくさんのカメラマンが
うじゃうじゃいるw
『うざい』

特に渋谷は客単価が安いお店
つまりチェーン店があちこちにある。

あちこちで
『いえ~い!!』
とか
『撮って~!』
って聞こえない日なんてないんです。

そして、今月末はビックイベントが
予定されている。

クリスマス並みの経済効果が
期待されている
“ハロウィンだ”

ハロウィンに向けて、
ドン・キホーテやダイソーでは
準備が着々と進んでいる。

また、スマホで撮るのが
常識化されている中、
最近注目されているアイテムがある。

それが、十数年前に流行った
『写ルンです~』
でお馴染みの富士フイルムのカメラだ。

平成生まれの子はあんまりピンと
来てないと想うので、話をすると、
使い捨てカメラです。
→27枚撮ったら終わり

“誰もが簡単に撮れるカメラ”

ということで1980年代後半に流行り、
コンビニや観光地に行くと必ず目にした
ものだったが、
今、再ブームが来ている。

4月8日に5万本限定で
販売したところ、完売。

中身は
・「写ルンです」シンプルエース
 (27枚撮り)
・フラッシュ搭載の「写ルンです FLASH」
 のデザインをイメージした
 30周年記念着せ替えカバーなど。
・キーホルダーストラップ、
・ストラップは2種類用意
 →どちらか1つが付属します。

昭和生まれの人にとっては、

・手巻きが懐かしい

・物撮り

ってとこで興味を持つのでは
ないでしょうか。

現像は最短で40分程度。
同時にデジタルデータにしてCD-Rに
焼いてみる。
手間がかかるが、
レトロな感じに撮れるということで
若者に人気ということだ。

インターネット業界にも今ひそかに
再ブームが来ている。
→http://topdoor.jp/r/0087bfd0/af/267

若者が多く利用するインスタグラムで
『写ルンです』
とWebでキーワード検索すると、
48万5000件ヒットします。
ちなみに…今年の8月中旬の
検索ヒット数は5万9564件。

約9倍も検索ヒット数が。
増えているのだ

写ルンですは、
なにも設定がいらず、
シャッターを押すだけで
フィルム写真が撮れる
というところが魅力です。
フィルムカメラを使っている女子も
最近増えてきていますが、
この写ルンですは

“世界一お手頃で簡単な
 フィルムカメラなんです。”

また、先月にはおそ末さんのデザインが
発売され、女子高生や大学生を中心に
注目されているそうです。

渋谷でも、そういった若い子を何人か
見たことがあります。
ただ、

20代前半の若者たちは、
「写ルンです」をはじめとした
フィルムを使うカメラについて、

「写真を自分で撮るもの」

というより

「親が自分を撮っていたもの」

という認識です。
それは自分たちが幼い頃に
親がフィルムカメラを使っていて、
若者たちは、
アナログでアルバムが作られていた
最後の世代だからです。

なぜここまで流行ったのか
個人的に思ったこと・・・

1.手軽にフィルムの雰囲気を出せる
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
私たちの世代はデジタルに
囲まれています。
スマホで写真を撮るにしても
デジタルだし、カメラ女子になるため
に買ったカメラももちろんデジタル。
そのため、アナログなフィルムで
撮った写真には逆に新しさを感じています。
また、
・最も安価に
・手間も少なく、
・持ち歩きやすい
って特徴があるからではないでしょうか。

2.思い通りにならない
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
初めからデジタルカメラを
馴れている若者からするとこうした
「過去の魅力」
さえ新鮮に思えます。
「実際に現像してみたらほとんど失敗」
という不便ささえ、
デジタルカメラでは
経験できないことなので
テンションが上がります。

3.現像するまでのドキドキ感がたまらない
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
デジタルカメラ・チェキなどの
インスタントカメラとも違う点がこれ。
インターネットで何もかもが
瞬時にわかってしまう時代に、
自分が撮った写真をすぐに確認できない
もどかしさは、若者たちにとって
心地よいドキドキ感なのかも。

インターネット業界で先ほど述べた
2.3みたいな感情を持つようになったら
最高に面白いのだが、
なかなかそういった人はいないだろう。

過去は過去の話として
処理されるのが一般的。

ただ…数年前は、
「やれば売れる」
というような状態だったため、
多くのアフィリエイターが
アフィリエイトに参入していました。

しかし、GoogleのAdwords広告の
規制が厳しくなったため、
多くのアフィリエイターが、
アフィリエイトから転売、投資へと
去っていきました。

なんといいますか、PPCアフィリエイトは、

「過去の手法」

といってもいいような状況だったのです。

そんな中、ブルーオーシャン化した
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
PPCアフィリエイトで、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
大きく稼ぎ続けているノウハウがあります。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~^
→http://topdoor.jp/r/0087bfd0/af/267

先ほど、「GoogleのAdwords広告の規制が
厳しくなった」
と話しましたが、
そんな中でも稼ぎ続け、
今もなお前線で稼ぎ続けている
マーケッターがいます。

また、多くのアフィリエイターが、
去っていったってことで、
ある場所がガラ空き状態
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
になっています。

ライバルがほぼいない市場
なのです。

また、ライバルがいないので、
報酬自体も単価あたりの金額が
圧倒的に高いです。
→http://topdoor.jp/r/0087bfd0/af/267

ライバルは時間とともに
多少多くなっていきますが、
勝つための秘策があります。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

この秘策の1つを先に教えちゃいます。

それは、唯一無二のツールです。

このツールは某企業が
注目するほどの特殊なものです。

もし、あなたがアフィリエイトを
経験したことがあるのであれば、
『必ず飛びつく代物です』

この代物をあなたが
もし活かせたとしたら、
将来自由気ままな生活が
約束されています。

→http://topdoor.jp/r/0087bfd0/af/267

いい加減な親父

なぜ賢いお金持ちに『デブ』はいないのか? 自己管理だけで『お金』出入りはここまで変わるのです。

0コメント

  • 1000 / 1000